キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

アスリートやスポーツ選手をキャスティングするにはどうしたらいい?

2020年11月30日
アスリートが出演すると認知度がアップすることはイメージできますが、どのようにキャスティングをすすめれば良いか悩むことが多いのではないでしょうか。

人気のあるアスリートをキャスティングすれば良いわけではなく、商品のブランドイメージに合うアスリートをキャスティングすることが大切です。

経験が無い場合は、キャスティング会社に相談することも選択肢の一つです。

アスリートのキャスティングで、事前に確認しておくべきポイントをご紹介します。



アスリートをキャスティングする場面



アスリートを起用する場合、目的によってPR効果が異なります。

宣伝対象のターゲットや広告の出し方も異なるので、それぞれの特長を確認しておきましょう。



講演会


元メダリストや現役時代に活躍していたアスリートが参加するだけで、注目度が集まるので宣伝効果が高まります。

参加する年代や性別によって、話を聞いてみたいと思うアスリートは異なりますが、キャスティングするアスリートを選定することで、よりターゲットになる参加者の心に響きやすくなります。

現役時代にケガやスランプの時に苦難を乗り越えた時に実践した考え方や、習慣にしたことなど、普段では聞くことができないリアルな実体験の話をしてもらえます。

企業イメージや商品のコンセプトに近いアスリートを起用することで、参加者に伝わりやすくなります。

キャスティングするアスリートの人物像を決めるためには、講演会を開催するテーマや、誰に何を伝えたいのか、目的をはっきりさせることが大切です。



イベント


新商品発売のプレスリリースや、参加者がスポーツを楽しめるような参加型のスポーツイベントなどのイベントの企画があります。

特定の地域で開催するマラソンのイベントは、観光地の活性化や地域住民との親交をかねて、全国各地で開催されています。

アスリートも一緒に参加して盛り上がる効果があります。

企業が主催する場合や、イベントのスポンサーとなって、協賛金や商品の提供のみ行う場合もあります。スポンサーのみの場合は、イベントの運営は外部の専門会社が行います。

イベントの体験を通して、企業理念や商品のブランドイメージを参加者に認知してもらう効果があります。

アスリートは自身の認知度の向上につながり、企業としてはスポーツを体感してもらうことで商品のイメージを強くアピールする効果が期待できます。



商品広告


テレビや雑誌などのメディアに、アスリートを起用することで、認知度をアップする効果が期待できます。

一般的には、企業がスポンサー契約してアスリートの活動をサポートする場合や、CM・雑誌・SNSなどの広告を出すために一定期間の間、キャスティング依頼します。

現役アスリートとスポンサー契約する場合は、アスリートが活躍する場合は商品広告への注目が高まるので、売上アップの期待もできます。

ただ、安定した結果がでるとも限らないので、アスリートの活動をサポートすることで企業活動や商品のブランドイメージを認識してもらうような広報戦略もあります。

特定のアスリートと二人三脚で長期的にブランドイメージを構築していくか、一定の期間だけ集中的に広報PRの効果を出すのか、どのような目的で戦略を練るかによって選択肢が異なります。



インタビュー


単独インタビュー、複数の対談形式、座談会によって、期待できる効果が異なります。

単独インタビューの場合は、商品を使用した率直な感想を聞くことができます。

プロのアスリートが日常生活で使用して効果がでることがわかれば、実証したリアルな体験談として、商品自体の信用が得やすくなります。

対談形式や座談会の場合は、テーマに関心を持つ読者や視聴者に関心を持ってもらえるきっかけにつながることで、注目度が上がります。

座談会形式で、参加者自身がアスリートに質問するような場合は、直接質問する機会ができるので応募者や来場者の集客につながりますし、注目度も上がります。



イベントにアスリートをキャスティングするメリット



現役のアスリートや知名度のあるスポーツタレントをキャスティングすることで、イベントへの注目が集まります。

イベントにアスリートをキャスティングすることで、どのようなメリットがあるか確認しておきましょう。



ファンにPRできる


記憶に残る活躍したアスリートや、活動休止後も人気のあるスポーツタレントをキャスティングすることで、ファンにPRすることができます。

芸能人の場合は、人気絶頂期が過ぎると注目度が下がる可能性がありますが、アスリートの場合は、競技に取り組む姿勢や考え方などに強く共感している根強いファンが存在します。

アスリートをインフルエンサーとして、商品を使用した率直な感想やコメントをしてもらうことで、企業イメージと商品のブランドを認知してもらう効果が期待できます。

アスリートが競技中やトレーニングで実際に使用しているシーンや、効果を実感している姿を見てもらうことで、商品の興味や関心をもってもらうきっかけにつながります。



ブランドイメージ向上につながる


企業イメージや商品のブランドイメージに近いアスリートをキャスティングすることができれば、これまでターゲットにしていなかった新しいユーザーにアプローチすることも期待できます。

スポットの出演依頼をするか、長期的にスポンサーとなるか、契約や商品を使用してもらってアドバイザリー契約を結ぶのかという選択肢もあります。

広告全体の予算や契約条件の交渉にも関係することなので、企画の段階から検討しておくことが大切です。

現役のアスリートをキャスティングする場合、将来的に競技の活躍が見込めそうな場合は、知名度の向上が期待できるので、アスリートの特長や可能性を把握することがポイントになります。



SNSの拡散効果が狙える


SNSを使った生配信ライブや、芸能人のコラボ対談、応援してくれるファンの質問をオンラインで答えるような活動を、アスリート自身が企画して、プロモーション会社とタイアップする企画があります。

アスリートとコミュニケーションを取りながらイベントを体験することで、ブランドの認知効果を出したり、自宅にいながら本格的なトレーニングメニューを体験したりするようなユニークな企画もあります。

視聴者として見聞きするだけではなく、体験を通してスポーツの楽しさをPRしながら、サポートしている企業の取り組みや、商品のブランドイメージを身近に感じてもらう取り組み事例もでてきています。



新しい市場の開拓につながる


企業イメージと商品のブランドに合うアスリートをキャスティングすることは大切なことですが、マーケットやファンにどのように影響するのかは、アスリートが持つブランド力とファンの間の関係性も影響します。

例えば、来場者参加型のスポーツイベントを企画して、アスリートの一緒に体験する地域イベントに、企業がサポーターとして関わることもあります。

企画から運営を専門の会社へ委託し、資金面やイベントグッズなどを提供して、ターゲットとなる新たなユーザーに、商品のPRおよびブランドとして認識してもらうきっかけとなる場も作ることができます。

IT技術が発展したことで、AR/VRを活用した仮想空間上でプロのアスリートと同じような目線で、スポーツを体感できるような仕組みもあります。

スポーツの楽しさを体験しながら、プロのアスリートと触れ合うことで、これまでと違う市場やターゲットにもアプローチする効果も期待できます。



アスリートをキャスティングするときのポイント



アスリートをキャスティングする際に、おさえておかなければいけないポイントがあります。

効果的にPRをすすめるために、事前に確認しておきましょう。



PRする目的を明確にする


たくさんのメディアに広告を出すと、どの媒体で効果が出たのか評価がしづらくなります。

ある程度の認知度は高まりますが、限られた予算内で、費用対効果が出せるように戦略を練る必要があります。

認知度を高めることは大切なことですが、まずは目的を考えます。

また、展示会や展覧会など来場者参加型の少し大きめなイベントにするか、複数のスポーツ選手や芸能人とコラボした企画にするか、テレビCMやWEB広告で認知度など、テーマを設定することも、ポイントとなります。

短期的なイベント出演を依頼して効果を狙うのか、長期間でブランドイメージを構築しながら認知度向上を狙うのか、それぞれ目的が異なります。



ターゲットを絞る


PR効果を最大限に引き出すためには、広告の内容やイベントに注目してもらいたいターゲットを絞ることが重要です。

不特定多数の広範囲に伝わったとしても対象が外れていると、効果が半減します。

ターゲットが定まっていないと、誰に伝える内容なのか、わかりにくくなってしまう可能性があります。

性別や年代によって、興味や関心も違い、情報収集の方法も異なります。

例えば、ニュースアプリ・SNSなどのWEBから情報収集する場合と、テレビ・新聞・雑誌などのメディアから情報収集している世代に分かれます。

PR戦略を練る際の一つの方法として、民間のアンケート調査機関を活用して、ターゲットの事前分析する方法もあります。

ターゲットを絞ることで、テーマ設定がしやすくなり、具体的な人物像がはっきりします。



契約条件を決める


アスリートは、プロダクションやマネジメント事務所に所属していることが多いです。

現役アスリートは、競技活動に専念するため、特にその傾向があります。

一部のアスリートは、マネジメント会社に所属せず、個人でスケジュール管理から契約交渉をしているアスリートもいるので、他にどのような会社と契約しているのか、競合他社にあたるのか、著作権・肖像利用の範疇を含めて確認しておく必要があります。

肖像利用が契約に反していることが発覚した場合、契約打ち切りもしくは、損害賠償の可能性もあるので注意が必要です。

出演期間、肖像権の利用範囲、著作権、広告掲載の二次的利用の有無など、所属事務所と契約事項の詳細を確認して、契約を締結します。

問題にならないように事前にしっかりと確認しておきましょう。



出演費用の相場を確認する


知名度の高いTOPアスリートやスポーツタレントを起用することで、認知度を高める効果が期待できます。

PRするメディア、広告期間などによって費用が異なるので、どれだけのキャスティング費用を広告の予算にかけるか、事前に考えておきます。

媒体 知名度TOP10のアスリート、スポーツタレント その他、アスリート、スポーツタレント
テレビCM 1億以上 1000万から3000万
テレビ番組 150万以上 30万以上


ただ、知名度を高めることはできますが、商品のブランドイメージに合わなければ、期待した効果が出せない可能性もあります。

誰をキャスティングするか綿密に戦略を練る必要があります。

肖像利用の期間、著作権などによって契約条件が異なるので、企画段階での広告の目的や誰に向けたメッセージなのか、戦略的にキャスティングを検討します。



スキャンダル発生時のリスクを把握する


スポーツ選手による飲酒や薬物問題などの不祥事について、メディアで取り上げられることがあります。

契約している企業としては、ブランドイメージに大きく影響する可能性あります。

キャスティング候補の段階で予想するリスクや、問題が発生した場合の対策や契約条件について、慎重に検討する必要があります。

不祥事が発生した場合、アスリートは競技活動の自粛を余儀なくされる場合もあります。

その場合、企業側にとってはCMの契約見直しや、広告配信が停止となる可能性もあり、ブランドイメージの大きなダメージになります。

スポンサー契約などの長期契約の場合は、契約解除となる可能性もあるので、スポンサーとして慎重な対応が求められます。

関係省庁やスポーツ業界の各団体でもコンプライアンス策定や取り組みを強化していますが、企業側も自社のブランドイメージに影響を受ける場合を想定したリスク管理と、社内関係部署での対策を検討しておく必要があります。



キャスティングが難しかったらキャスティング会社に依頼する



コネクションがなく、独自でアスリートの起用が難しい場合、キャスティング会社に相談するとPR効果につながるようにアドバイスをしてもらえます。

イメージが具体的になっていない場合は、どのように検討を進めて行けばよいか、企画段階から相談にのってもらえます。

具体的に何を依頼できるのか確認しておきましょう。



●イベント企画のサポート


企画段階から、キャスティング専門の会社に相談して、目的やコンセプトに合うように提案をしてもらえます。



●出演交渉


全国に独自のコネクションがあるので、所属クラブや所属事務所への連絡から交渉まで代行してもらえます。



●契約管理


キャスティング会社に要件を伝えておくと、契約条件の交渉から契約締結のサポートをしてもらえます。



●スケジュール管理


イベント開催まで、アスリートの予定確保、所属クラブや所属事務所との調整などを行ってもらえます。

当日のスタッフの手配、機材や備品の手配なども委託できる会社もあります。

●イベント立ち合い、運営


イベント当日の運営の進行、各種段取り、詳細な指示・調整など取り仕切ってもらえます。



キャスティング会社に依頼するメリット



出演交渉するためには、交渉する所属クラブや所属事務所との信頼関係が構築できていることが必要です。

キャスティング専門の会社は、複数のコネクションがあるので、イベントの企画や商品PRのイメージに合うように提案をしてくれます。

キャスティングを行う作業は、出演交渉から契約管理、出演当日までのスケジュール調整など、様々な作業が発生するので、経験がないと慌ててしまうことがあります。

キャスティング専門会社に依頼することで、様々なサポートをしてもらえるので、本来やらなければならない企画立案や広報PRに専念できます。総合的に考えてパフォーマンス向上につながります。

イベント開催までの様々な調整作業をワンストップで依頼することができるので、キャスティングに慣れていない場合は、依頼することを検討しましょう。



まとめ

知名度のあるアスリートをキャスティングすると、企業イメージや商品ブランドの認知度向上が期待できます。

ただ、有名人のブランド力に頼れば良いわけではなく、商品のブランドイメージに合うキャスティングができるかどうかが、ポイントになります。

アスリートのブランド価値を最大限に活用するためには、PRの企画段階から商品を使用してもらいたいターゲットを決めて、どのようなイメージを持ってもらいたいか、アスリートを通して伝えられるようにPR戦略を練る必要があります。

更に、商品やサービスを使用してもらいたいユーザーに認知してもらうためのメディア選定や広告のプランを検討していきます。

広告のイメージに合うアスリートの選定や、キャスティングの方法が分からない場合は、専門の会社に相談することもできます。

実績と経験のある会社に依頼することで、出演交渉、契約管理、スケジュール管理からイベント等の運営サポートまで、企画段階からプロモーションを成功させるために必要なサポートを受けられます。

PR効果を高めるためには、キャスティングの専門会社に相談することも検討してはいかがでしょうか。
キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。