キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

芸能人をキャスティングするにはどうすれば良いのか?

2020年9月30日
商品や企業のブランドに合う芸能人をキャスティングできるかどうかは、広告の効果やイメージ戦略に大きく影響が出る大切なポイントです。

ただ、企画にそったキャスティングをどのようにすればよいのか、具体的な方法がわからないと判断に迷うことがあります。

芸能人をキャスティングするためには、契約交渉や出演までの段取りなど、注意しておくべきポイントをおさえておく必要があります。

具体的にキャスティングはどのようにすすめればよいか、しっかりと確認しておきましょう。

芸能人に出演を依頼する方法


芸能人をキャスティングするためには、所属している芸能事務所のマネージャーにコンタクトをとる方法が一般的です。連絡の取り方をいくつかご紹介します。

メールや電話で依頼する


もっとも一般的な連絡の取り方ですが、メールと電話を使い分けることで、効果的に出演依頼ができます。

いきなり電話をかけても、上手く要件が伝わらず、出演するべきか相手が判断しにくい場合があります。

先にメールで依頼内容を送ってから電話で説明します。

過去にキャスティングした実績があるとスケジュールの調整がつけば出演してもらえる可能性は高いですが、はじめてコンタクトを取る場合は、依頼の仕方や伝え方を工夫する必要があります。

まず、メールで依頼する場合は、次のような内容をメールと電話で伝えます。

要件を伝えて、連絡した趣旨を理解してもらって、出演交渉をすすめられるようにします。

連絡方法 内容
メール <件名>
・開催日と曜日
・場所
・出演依頼の相手の名前
・名称など
<本文>
・自己紹介(所属先、名前)
・依頼したい内容
・依頼した経緯、背景など
・概要を箇条書きで記載(日程、場所、イベント規模(来場者数、撮影期間など)、テーマ、目的、契約金額など(交通費の有無))
<文末>
なぜ出演者に依頼をお願いしたいと思ったのかの経緯や理由を記載する。
電 話 電話でメール送付の連絡をする。
自己紹介、出演依頼を伝える、送付したメールの概要説明、出演者のスケジュールの確認、どのような調整や提案が必要か確認する。


SNSで依頼する


最近では、芸能人の名前でTwitterやInstagramのアカウントを開設して、投稿した内容が拡散されることが多くなりました。

有名人の場合は、アカウントの管理は芸能事務所が共有で管理をしている場合があります。

一般人から寄せられたコメントやDMの内容は、事務所の担当者やマネージャーがチェックして回答することがあります。

SNSで出演依頼する場合は、メールと同様に芸能事務所に伝わりやすいように文面を考えてDMを送付します。

芸能人のアカウントをフォローして日々の投稿などをチェックします。コメントなどをして、相手に認識してもらうことも信頼関係を構築することも一つの手段です。

芸能人の日々の取り組みや個性が確認できるのは、電話やメールにはない特長の一つです。SNSで出演依頼する場合は、SNSの機能を活用してキャスティングしてみましょう。

知り合いを介して依頼


知り合いの方が芸能人と先輩と後輩の仲など、信頼関係の内容にもよりますが、芸能事務所を介して依頼する場合と比べると、はるかに出演依頼がしやすくなります。

出演してもらえそうか、企画自体に興味があるのか、知り合いを通じて確認することもできるかもしれません。

ただ、芸能人は事務所と専属契約を締結していることが多いので、直接芸能人と契約したことが明るみになると芸能人が契約違反となり問題になる可能性があります。

企画自体に興味をもってもらえるのか、直接確認して事務所と契約するために協力してもらえる可能性はあります。

ただ、契約に関しては、芸能人と事務所との契約規則を確認しておく必要があります。

有名人をキャスティングする場合は、スケジュールやギャランティの交渉など、芸能事務所のマネージャーが管理していることが一般的です。

知り合いを介して芸能人に出演依頼ができる場合は、芸能事務所を通してすすめたほうが良いか、事前に確認しておいた方が安心です。

キャスティングの会社に依頼する


キャスティングする芸能人の選定やブランドイメージを効果的にプロモーションしたい場合は、キャスティングの会社に依頼します。

自分でキャスティングした経験がない場合は、専門の会社に依頼すると、企画段階からどのような芸能人を起用すればよいかサポートしてもらえます。

芸能人をキャスティングすると、スケジュール管理、撮影スタッフの手配、芸能事務所との契約交渉など、必要な調整作業を一括で委託できます。

委託せず契約をする際は、肖像管理や金額交渉の経験が要求されますが、経験がなく、自分で対処できない場合は、キャスティングの専門会社に委託することで適切に対処してもらえます。

リスクを回避することにもなるので、キャスティングの会社に依頼することも考えておきたいところです。

芸能人をキャスティングするときの注意点


芸能人のキャスティングは必要な段取りがあります。ポイントをおさえて計画通りにすすめられるようにしましょう。

出演が決まった後の流れを決めておく


有名人や人気のある芸能人を起用する場合、スケジュールに限りがあります。

撮影やイベント開催まで、ポイントを確認して、慌てず効率的にキャスティングできるようにしましょう。

・使用する媒体と掲載期間を決める
広告に掲載する媒体と期間は、契約書で締結した内容に限られます。取り決めた内容から外れると契約違反になるので注意が必要です。
各媒体の掲載期間を広告の企画段階から計画しておきたいところです。競合する商品がある場合は、他社のPRで出演されないように契約事項で盛り込むべきか検討します。

・撮影スタッフ、配置決めをする
撮影現場の関係スタッフや、撮影器具の配置や準備をどのようにするか、考えておく必要があります。
撮影現場のディレクター、カメラマン、各制作スタッフ、機材の手配と配置位置なども決めます。

・リハーサルを実施する
制作内容や当日の詳細なスケジュールを関係スタッフと綿密に詰めておく必要があります。
必要に応じて、出演する芸能人とエキストラを配置して、リハーサルを実施します。
リハーサルの場所と全体の流れもあわせて決めておきましょう。

・撮影、イベント当日に立ち会う
計画通りに実施されているか、現場の関係スタッフと調整します。
企画したプロモーション通りにすすめられているか、現場の指揮、指導の責任者に同席してプロモーションをすすめます。

出演料は明確にする


芸能人を起用する際に、使用する範囲と期限にそって、出演料を明確に決めておく必要があります。

契約に関するガイドラインで、肖像を商業利用する場合は、あらかじめ契約で取り決めた目的以外に使用することは、法律上、禁止されています。

使用する期間や、一定の期間に競合他社と契約されないような独占的な契約が必要となるか、詳細を決めておく必要があります。

契約内容を超えて肖像を無断で使用すると、損害賠償や違約金が発生する場合があるので注意しましょう。

肖像利用の内容や金額をしっかりと明記してから、契約を締結します。

芸能人のスケジュールがいつ分かるのか把握する


知名度が高い芸能人や人気のある芸能人は、スケジュールがなかなか空いておらず、キャスティングできない可能性があります。

広告を出すスケジュールに合わせられるように、キャスティングする芸能人のスケジュールはしっかりと把握しておく必要があります。

出演交渉をすすめながら、所属事務所に撮影候補日を伝えて、スケジュールを確保してもらえるように交渉します。

また、関係スタッフのスケジュール確保や撮影場所などをおさえて、どのような段取りですすめるか、事前に調整をしておきます。

出演が決定となった場合、契約時に取り決めた芸能人の拘束時間と関係するので、芸能人やエキストラなどの出演者のスケジュールを柔軟に対応できるように、スケジュール管理をします。

芸能人のキャスティングを会社に依頼するメリット


キャスティングの専門会社に依頼することで、企画段階からPRに最適な芸能人の選定から契約などの調整や関係者との段取りを依頼できます。

キャスティングの専門会社へ依頼することで、どのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

提案にあった芸能人をアサインしてくれる


商品や会社のブランドイメージは、知名度の高い有名人を起用すると、インパクトがあって話題性があります。

ただ、企画段階でターゲットにしているユーザーとかけはなれたモデルの起用は、求めている結果につながりにくくなってしまう可能性があります。

大切なことは、どのような人に対してPRするかを明確にすることです。

ペルソナ設定と呼ばれますが、1人の人物をイメージして、年齢、性別、職業、性格、ライフスタイル、悩みなどを明確にすることで、キャスティングしたいモデルのイメージが浮かび上がります。

ここが整理されていると、訴求したいポイントも明確になり、キャスティングしたいモデルの基準も決めやすくなります。

調整などの面倒な作業を一手に引き受けてくれる


キャスティングの会社に依頼すると、細かな調整作業を全て委託することができます。

撮影や現地でのイベント開催まで、目に見えない調整作業が発生します。どのような調整が必要なのか事前に確認しておきましょう。

・PRする広告イメージ整理して戦略をたてる

・イベント企画や開催概要を作成する

・キャスティングする芸能人を検討する

・宣材写真、プロフィール、写真の情報から選定する

・必要に応じてオーディションを開催する

・芸能事務所と契約を結ぶ

・肖像権の管理、各種契約事項を確認して調整する

・撮影やイベント開催日と場所を選定して調整する

・撮影やイベント会場の準備と現地スタッフの調整する

本番当日は、芸能事務所や関係スタッフと綿密な打合せや詳細な指示を行います。

これらの調整作業、各種手配、撮影やイベント当日の全体的なマネージメントをサポートしてもらえます。

コストパフォーマンスが良い


芸能人をキャスティングするためには、芸能事務所との契約交渉から撮影やイベント当日までの調整作業が発生します。

キャスティングの会社に依頼すると、現場での詳細な指示、段取りまでを取り仕切ってサポートしてもらえます。

慣れていないと、想定外のトラブルや、関係者とのスケジュール調整など、戸惑うことがあります。

適切に対処できない場合があるので、キャスティングの会社に依頼すると、スムーズにすすめることができます。

広告制作のクオリティを高めることにもつながるので、考えておきたいところです。

どのようにPRしたいのか、企画段階からキャスティングの会社に相談して、計画的に広告を打てるように戦略を練ることが必要です。

契約交渉をとりまとめてもらえる


芸能人は所属事務所と専属契約していることが多いです。

その場合、肖像利用に関する使用期間の取り決め、著作権、契約金額などは芸能事務所と契約書を取り交わす必要があります。

芸能人を使用してPRする場合、どのように肖像を利用するのかの範囲や使用期間を事前に決めておく必要があります。期間を延長する場合は、契約の際に明記する必要があります。

目的によって、どの期間、どのように発信して、費用をかけるのかを検討します。様々な要素を整理しながら、起用する芸能人を決めて契約内容を検討します。

法律的に事前に確認しておかなくてはいけない内容が多いので、キャスティングの専門会社に依頼することで、どのような契約にするのか、契約管理をサポートしてもらえます。

キャスティングを会社の費用相場


広告の予算をどのぐらいかけて、CM、雑誌、WEB広告など、どの媒体にどのようなプロモーションの内容にするのか広告戦略にそって広告の予算を決めておく必要があります。

キャスティングする芸能人のジャンルや知名度によって、費用が異なります。

媒体 大物タレント、 人気俳優・女優など 中堅タレント、 芸人、アイドルなど 売り出し中のタレント、芸人、アイドル
テレビCM 1億以上 3000万から8000万 500万から1000万程
雑誌・WEB広告 300万以上 100万から200万 50万から100万程
イベント 100万以上 30万から50万 10万から20万程


3か月を1クールとして、2クールや年間で契約締結することが一般的です。CMの放送期間によって、費用が異なります。

当初の契約期間を延長する場合は、追加料金がかかります。

テレビCMで撮影した動画やイメージ画像を、WEB広告などで配信することも、よく目にします。テレビCMとセットでWEB広告を配信するか、WEB広告単体で配信するか、用途によって費用が異なります。

商品のイメージをどのように伝えるか、キャスティングの専門会社に相談しておくと、どのように契約を結べば良いか、アドバイスしてもらえます。広告効果を最大限に出せるように準備しましょう。

事前に相談しておくことで、芸能人の出演交渉、契約管理、撮影やイベントの運営管理までの全体をサポートしてもらえます。

まとめ


芸能人をキャスティングする際は、所属事務所を介して出演交渉や契約をすすめることが多いです。

そのため、どのような特性をもった芸能人が所属しているのか、プロフィールや宣材写真などの最新情報を持っていることが重要です。

広告のイメージに合うキャスティングするためには、企画の内容やジャンルによって、選定する必要があります。

広告の効果を引き出してもらえるような芸能人をキャスティングするためには、芸能事務所とのコネクションや、業界の幅広い知識を持っていることが、カギをにぎります。

ただ、ノウハウがないと判断ができない場合があります。

その際は、キャスティングの専門会社に依頼することで、広告の企画段階からアドバイスを得られます。

更に、芸能人の出演交渉から契約管理まで、細かい調整作業を段取り良くすすめてもらえます。

キャスティングを最適に行うことで、潜在的な顧客層にアプローチするきっかけにつながるので、どのようなメリットがあるのか、一度、検討してみることも一つの選択肢です。

キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。