キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

イベントに芸能人をキャスティングするメリットとは?

2020年11月2日
芸能人をキャスティングと思っていても、どうやってコンタクトを取ればよいのか、なかなかイメージがつかないところがあります。

知名度のある芸能人をキャスティングすれば広告効果を出すことは想像できるものの、どのくらいの費用がかかるのか、気になるところです。

期待する広告効果がでるのかは、イベントの内容によっても異なります。どのようにキャスティングすれば良いのか、芸能人をキャスティングするメリットと含めて確認しておきましょう。

イベントに芸能人をキャスティングするメリット


イベントを盛り上げるために、芸能人がキャスティングされることがあります。具体的にどのような効果が期待できるのか確認しておきましょう。

イベント自体のイメージアップ


芸能人をキャスティングすることで、イベントへの注目度が高くなります。

テレビCMにキャスティングしているタレントや人気のある芸人ができるようであれば、イメージアップにもつながります。

イベントで伝えたい内容とマッチする芸能人がキャスティングできれば、PR効果も期待できます。

ただ、芸能人のジャンルによって、得意、不得意があります。

企画内容を具体的にして、どのような芸能人をキャスティングをすればよいか、イメージすることはとても大切です。

イベント自体の盛り上がりや、拡散効果にもつながるので、コンセプトにそったキャスティングができるようにしっかりと準備しましょう。

メディア露出や拡散の機会が増える


例えば、話題になっているタレントや人気のお笑い芸能人がイベントに参加することがわかると、イベント自体に期待がよせられます。

注目度が高くなることが予想できれば、テレビ、雑誌、WEBメディアなどにとりあげられる確率が高まります。

ファンによる口コミやテレビCMなどの広告プロモーションの拡散効果もありますが、今では、InstagramやTwitterなどのSNSから拡散も期待できます。

プロモーションの内容がイメージしやすい内容になっていると、拡散効果が期待できます。

更に社会的に話題になっていることがメッセージに含まれていると、イベント自体のブランドイメージとしても認知されることにつながります。

イベントで伝えたいコンセプトとマッチするようなキャスティングができると、PR効果を高めることも期待できま す。

イベントでどのようなイメージを伝えるのか明確にしておくことで、メディアへの露出した場合の効果を最大限に活用できます。

社員のモチベーションアップ


社員が働いて楽しいと思えたり、働きがいを感じたりするためには、職場の雰囲気作りとコミュニケーションがとりやすい環境作りがかかせません。

ただ、社員の意識向上のための勉強会や、食事会を開催するのみでは、会社の指示で参加しているととらえることもあるので、本来の目的は果たせない可能性があります。

モチベーションを高めるためには、社員が自発的に参加して、楽しいと思えるようなイベント作りが必要です。

例えば、サプライズとして芸能人をキャスティングすると、インパクトのあるイベントになります。

特に、過去に一度も企画したことがない場合は大きな効果が期待できます。

いつもとは違う雰囲気を作るだけで社員のモチベーションアップになりますし、社員に対して向き合っている姿勢を示すチャンスととらえることもできます。

社員がどのようなことに興味や関心を持っているのか、日頃からコミュニケーションをとっておくと参考になるかもしれません。

いつもと同じような社内の勉強会を開催するのではなく、社員同士のコミュニケーションをはかる手段の一つとして、芸能人を活用することも選択肢の一つです。

イベントの種類によってキャスティングする最適な芸能人は異なる


芸能人は、それぞれキャラクターや持ち味があるので、イベントによってキャスティングの検討が必要です。

キャスティングしてもらうことで、どのような効果があるのか確認しておきましょう。

企業のPRイベントに最適な芸能人


商品や企業のイメージに近い芸能人をキャスティングすることで、広告の効果を戦略的に高めることにつながります。

年齢、性別、職業など、イベントの来場者のライフスタイルに近い、人気のある芸能人をキャスティングすると、好感度や注目度のアップにつながりやすくなります。

ただ、知名度のある芸能人をキャスティングすればよいわけではなく、どのような人に何をアピールしたいか、企画の段階から明確にしておくと、最適な芸能人をキャスティングすることにつながります。

例えば、スキンケアや健康志向に関心があるターゲットに向けた商品をPRする場合は、そのジャンルに特化した情報発信しているモデルや、SNSで活躍しているインフルエンサーをキャスティングすると、芸能人のファンやSNS上のフォロワーに対して効果が期待できます。

社内イベント


社内イベントの趣旨によって、キャスティングする芸能人が異なります。

・会社の創立記念日
・忘年会、社員同士の懇親会
・社員研修 (セミナースタイルのコミュニケーションスキル向上など)

社員同士の会話が弾むような雰囲気を出したい場合は、お笑い芸人が良いでしょうし、会社の節目を祝うイベントの場合は、司会やMCといった経験のあるタレントをキャスティングすることで、イベント全体にメリハリを出すこともできます。

社員研修の場合であっても、長時間の座学スタイルでは集中力が続かないことがあります。

例えば、実績や知名度のあるスポーツ選手や芸能人にキャスティングを依頼する場合は、実際の体験談を語ってもらうことで、業務に役立てることや、知識として勉強になることもあります。

社員が参加して楽しいと思えるようなテーマを事前に決めておくことで、イベントの趣旨に合う効果が期待できます。

商業施設のイベント


デパートやショッピングモールは、土日や祝日となると家族連れなどがたくさん訪れます。

食材や日用品などの買い物を楽しむ人でにぎわう場所なので、商業施設のエントランスやメインストリートには多くのひとが集まりやすくなります。

そのため、多くのお客様の滞在時間を長くしていただき、たくさんのショップを訪れてもらえるような工夫がなされています。

お正月、バレンタインデー、ホワイトデー、ハロウィン、クリスマスなど、一年を通してイベントがありますが、集客するターゲット層によって、キャスティングする芸能人を考えると、広告の効果が期待できます。

最近では、見て聴くだけのイベントだけではなく、クイズやゲームなど参加型で、楽しめるようイベントが数多く企画されています。

集客したいターゲット層が興味や関心を持てるようなキャスティングを行うことで、年次イベントに参加する確率が高まります。

参加型のイベントであれば、体験しながら、自然とプロモーションの内容もおぼえてもらう機会にもつながるので効果的です。

地域活性化イベント


日本の各地にある観光資源となる名所や、地域特産の農産物や海産物などの地域ブランドがたくさんあります。

ただ、旅行や食べ歩きに出かける機会が少なくなってきているため、地域各所でブランドイメージを全国に発信するためのイベントが企画されています。

観光地でしか味わえないような、名所の楽しみ方や食材の美味しさを伝えるために、芸能人をキャスティングして地域の良さをPRしています。

例えば、地域出身の芸能人や、観光名所が好きでマニアにしかわからないような知識を持った芸能人が、観光大使として活躍しています。

各地で地域活性化のイベントも多数企画されています。

地域の振興を深めるためのイベントとして、プロのアスリートがスポーツの祭典に参加したり、地域に移り住んで活性化に一躍を担ったりするようなユニークな企画などもあります。

各地域ならではの観光資源がたくさんあるので、芸能人のキャラクターと上手くマッチさせることで、新しいブランドイメージを作る効果があります。

学園祭


毎年各地で開催されている学園祭の中で、学生主導でユニークなイベントが企画されています。

学園祭と言えば、学生に人気のある俳優や女優、お笑い芸人など、学園祭実行委員会が学生アンケートで意見をとりまとめて、キャスティングする芸能人を応募する方法もあります。

知名度のある芸能人をライブで見られることで、学生だけではなく、一般の参加者も多くなります。

企画が斬新でユニークな学園祭は、毎年、注目度が高まりやすくなるので、学校の宣伝効果にもつながります。

各地の学園祭にキャスティングされた芸能人の中では、キャスティングをきっかけに人気がでて、テレビ番組やCMなどにキャスティングされることもあります。

既に知名度のある芸能人をキャスティングすることも広告効果を出す一つのきっかけですが、これから話題になりそうな芸能人をキャスティングすることも広告PRとして期待できます。

芸能人のキャスティングの依頼からイベントまでの主な流れ


芸能人のキャスティングは、出演交渉や契約管理、イベント開催まで様々なスケジュール調整があります。

イベント開催までに一連の流れを事前に確認しておきましょう。

問い合わせからプランニング


キャスティングする芸能人が決まったら、所属事務所に出演交渉の問い合わせをします。

ただ、コネクションがないと、契約交渉をすすめることが難しい場合があります。

企画のイメージに合う芸能人が、どの芸能事務所に所属しているかといった情報はインターネットなどから探すことは難しいです。

特に芸能人のプロフィールや宣材写真などの情報は、クローズになっていることが多く、芸能事務所と日頃からコミュニケーションをとって信頼関係を構築していないと、提供してもらえない可能性が高いです。

その場合、キャスティングを専門とする会社に依頼するのをおすすめします。

複数の芸能事務所とのコネクションがあるので、商品PRから企業のブランドイメージに合う芸能人を提案してもらえます。

キャスティング会社の中には、企画段階から相談にのってもらえる会社もあります。

全国にある芸能事務所に所属している芸能人のデータベースから、企画の趣旨に合いそうな芸能人をキャスティングしてもらえます。

更に、イベント開催までの様々な段取りをワンストップで依頼することができます。

・イベント開催の企画作り
・芸能人のキャスティング交渉、エキストラの手配
・会場手配、機材の調達や手配
・イベント会場の現地立ち合い
・現場での指示、調整
・所属事務所との契約交渉、キャスティング期間調整
・肖像利用の管理など

イベント開催当日までの間、数多くの関係者との調整が必要になりますので、実績や信頼のある専門会社に依頼しましょう。

契約・打ち合わせ


キャスティングを依頼する芸能人が決まったら、出演期間、著作権、肖像権の管理など、イベント開催まで必要な契約交渉が発生します。

イベント開催後も、WEB広告や雑誌媒体などに掲載を予定する場合は、どこまで芸能人の肖像権を使用するかまで、契約書に明記しておく必要があります。

契約範囲を超えると、契約違反となって損害賠償となる可能性もあるので、注意が必要です。

また、イベント会場のスタッフ派遣や機材手配などが必要となる場合は、イベント開催にかかる費用を確認しておく必要があります。

全体の流れを把握していないと、なかなかコーディネートが難しい場面がありますが、キャスティング専門会社に相談すると一括で見積依頼できます。

イベント開催に限らず、全体のプロモーションの中で、どのシーンで芸能人をキャスティングしたほうが効果的なのか、また様々な手配や契約交渉など難しい部分が多くあるので、キャスティング会社にお願いし細かい内容を相談・確認しながら企画を進めていくと安心です。

イベント実施


イベント開催当日は、様々な調整作業が発生します。

計画通りに進めるためには、芸能人だけではなく、カメラマン、ヘアメイク、スタイリストなどのイベントの関係スタッフと、全体の進行について打ち合わせが必要です。

また、知名度のある芸能人をキャスティングする場合、場合によっては6か月から1年前からスケジュール調整が必要になります。

そのため、イベント開催前から企画の説明と契約交渉を前倒しで調整する必要があります。

知名度のある芸能人に出演交渉する場合、芸能事務所と密に連絡をとって、スケジュールの情報を抑えておく必要があります。

少し大がかりなイベントになる場合は、リハーサルの期間も含めて関係スタッフのスケジュールの空状況を確認しておく必要があります。

慣れていないと、想定外のトラブルや、全体のスケジュール調整作業など、ある程度の経験が必要な部分があるので、戸惑うことがあります。 キャスティング会社に依頼しておくと、イベント当日は芸能人のサポートをしっかり行ってくれます。

イベント当日はバタバタしてしまいますので、スムーズな進行が出来るよう現場での詳細な指示や調整など、関係スタッフなどの仕事がやりやすくなるように事前にキャスティング会社と綿密な打ち合わせや確認をしっかり行います。

当日は、全体の最終的な流れのチェックのみを行うようにしましょう。

芸能人をキャスティングする際の費用相場


知名度のある大物芸能人をキャスティングすると広告の効果は期待できますが、費用が高くなってしまいます。

どのような広告効果を出すか目的を考えてキャスティングします。

キャスティングの費用を抑えるにはどうすれば良いのか


芸能人を約2時間拘束した場合、数万円から300万円までと知名度によってキャスティング費用が異なります。

種類 大物芸能人 中堅の芸能人 売り出し中の芸能人
キャスティング費用 約100万円~300万円 約10万円~50万円 数万円程度


また、交通費や宿泊費などもかかりますし、イベントの開催期間や撮影がある場合はスタッフの費用も考えておく必要があります。

キャスティング費用など、広告全体の費用がかけられない場合は、予算内でおさめる必要があります。

知名度のある芸能人をキャスティングするのではなく、企画のイメージに合う売り出し中の芸能人をキャスティングして費用を抑える方法もあります。

その場合、イベントでの商品PRや企業ブランドのイメージを伝える際に、芸能人使ってどのように広告効果を出すのか具体的に企画イメージを明確にしておくことが大切です。

イベント開催のどの時間帯のタイミングでキャスティングしてもらうかを決められると、拘束時間を減らせるので、費用を抑えることにもつながります。

キャスティングの専門会社に相談しておくと、キャスティング交渉、契約管理、イベントの運営管理まで、全体をサポートしてもらえます。

費用を抑える場合は、専門会社に任せっきりにするのではなく、企画段階からコンサルタントとして入ってもらって、自社で出来ることがないか、どのようなサポートを依頼すれば良いのか考えるきっかけにもなります。

まとめ


芸能人にキャスティングしてもらうことで、イベントに注目してもらえる効果は上がりますが、キャスティングする芸能人の知名度や人気度によって、キャスティング費用が高くなります。

費用が高くても、効果があがることが明確に判断できる場合は検討する余地はありますが、予測することは難しいことです。

経験や実績がない場合は、キャスティングの専門会社に依頼すると、企画段階からのコンサルやイベント開催当日までの全体のサポートを依頼することができます。

広告の予算が限られている場合は、知名度のある芸能人だけではなく、企画段階からイベントのイメージにマッチする芸能人がキャスティングできるように準備しておきましょう。

キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。