キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

世界中で大注目のK-POP―韓国式オーディション番組

2021年4月1日
今年、BTS(防弾少年団)がアジア歌手として初めてグラミー賞にノミネートされるなど、
昨年に引き続き、世界中でK-POPアイドルが注目され、人気を得ています。
BTSのように世界を相手に活躍するアイドルを誕生させるべく、
韓国でも各事務所でスカウトやオーディション、練習生の育成等が行われています。
そんなスター候補の発掘方法の一つとして、韓国で人気なのが『オーディション番組』です。
韓国では、テレビ番組として制作されるほど、幅広い世代から人気を獲得しています。
今回は、韓国で人気の『オーディション番組』について簡単にご紹介したいと思います。
また、人気オーディション番組『PRODUCE101シリーズ』について、
本国韓国版と昨年と今年制作の日本版について少しご紹介したいと思います。

韓国で人気のオーディション番組

韓国では、これまでオーディション番組が数多く制作されており、
多くの人気アイドルやタレントを輩出してきました。
年々参加者も増えており、若い世代を中心に、幅広い世代に人気のコンテンツとなっています。



通常、韓国でアイドルを目指す場合、大多数の人が数カ月から数年間の練習生期間を過ごし、
各事務所のセレクションで選ばれて初めて、デビューの切符を勝ち取ります。
トップグループのBTSも、メンバーそれぞれ1年~3年の練習生期間を過ごしています。
また、通常、練習生の練習風景等が一般視聴者の目に触れる機会はほぼありません。
オーディション番組は、そうした日々の練習風景や宿舎での様子、セレクションの雰囲気等
普段見ることができない様子を垣間見ることができる点や、
(番組によって)審査員や出場者として視聴者自身が参加できることから
幅広い世代に人気となっているようです、



最近では、日本人参加者の増加や日本版の制作が行われている番組もあり、
日本でも若い人を中心に注目度が上がっているようです。
また、韓国のオーディション番組は、各プロダクションもからも注目度が高いようで、
予選会場に、各事務所からスカウトを受けてデビューするケースもあるのが特徴かと思います。
現在、世界で大人気のアイドルグループBTS(防弾少年団)のジョングクさん等、
活躍中のアイドルやタレントの中にも、オーディション番組不合格からのデビュー者が多数います。
どんな方がいるのか少しご紹介します。



大人気オーディション番組『PRODUCE101シリーズ』

韓国で最も人気のあるオーディション番組の一つが『PRODUCE101シリーズ』です。
『PRODUCE101』は、2016年に韓国で始まった大型オーディション番組で、
一般視聴者が国民プロデューサーとなり審査員として参加するスタイルのオーディション番組です。
これまでに4回制作されており、現在では、日本版や中国版も制作されています。
これまでの最終合格者達はそれぞれアイドルグループとしてデビュー・活動しています。
また、不合格者の中からデビューを掴んだ人が沢山いることも注目度が高い理由の一つです。
今回は、韓国式のオーディションをPRODUCE101シリーズをとおして少しご紹介します。
PRODUCE101シリーズのこれまでの合格者たちのデビューグループは先に記したとおりです。



注目ポイント1『応募資格と選考方法』

『PRODUCE101』シリーズでは、練習生によるサバイバルで審査結果が出ます。
日本版でも基本的には韓国版と同じ選考方法を取り入れていました。
では、日本版と韓国版の応募資格を見てみましょう。



韓国版のseason1~3では、応募資格や内容が一般には非公開だったため、
個人練習生も芸能スクールに通っている練習生やスカウトがメインだったようです。
「事務所に所属している練習生だけが才能があるわけではない」というプロデューサーの考えが反映され、
Season4からは、一般にも募集要項が公開され、未経験者からも応募が可能になったそうです。

一方、日本版では、韓国版とは逆に事務所に所属していない人から募集を行いました。
その為、ダンサーや俳優、アイドル等活動経験のある人以外にも、
高校生や大学生、社会人として芸能以外の業界で働いていた人からも応募がありました。

<選考方法>


今回は、2019年に開催された日本版を例にご紹介します。※韓国版も大きくは変わりません。

【1】クラス分け

PRODUCE101では、練習生の101名に選ばれると、全練習生とトレーナーの前でその時点での実力を披露し、
トレーナーによってクラス分けが行われます。
合宿では、分けられたA~DとFの各クラスでトレーナーによるレッスンと自主練習を経て、再評価が行われます。
最終的にAクラスに入った練習生は、番組テーマ曲の披露の際にセンターエリアで披露することができます。
センターエリアは、一番目立ち、カメラで抜かれるので最もアピールできる良いエリアです。
さらにAクラスの中から一番前の真ん中で踊る練習生を決めます。
下位クラスはB・C・D・Fのクラス順に披露できるエリアが変わってくるので、
練習生は、まず番組テーマ曲披露のセンターエリア=Aクラス入りを目標として必死で練習を繰り返します。

【2】グループバトル

課題曲が用意され、各曲2グループずつが同じ課題曲でダンス・歌・ラップ等を披露します。
K-POPとJ-POP合わせて10曲が用意されました。



【3】ポジションバトル

ボーカル4曲・ダンス4曲・RAP1曲の3ジャンルで課題曲が用意され、各曲2チームずつで披露します。
日本版のラップ曲では、用意された曲に練習生自身がラップ詞を書き、オリジナル曲を制作するというものでした。


★韓国版ではグループバトルが先に行われましたが、
日本版season1ではポジションバトルが先に行われました。

【4】デビュー評価バトル

上位20名を2チームに分け、それぞれ課題曲を披露します。
日本版のseason1では、下位の人から順番に希望課題曲およびポジションを選択していく仕組みでした。
その為、上位の練習生は既に下位の練習生が希望しているポジションを希望する場合は、
その練習生を別のポジションに移して入れ替えることが可能でした。

クラス分けと、3つのバトルを経て、最終順位の上位11名がデビューを勝ち取ります。



注目ポイント2『トレーナー』

PRODUCE101シリーズのもう一つの注目ポイントが、
練習生を育成するのに欠かせない『トレーナー陣』の存在です。
韓国版では人気グループの現メンバーや元メンバーがトレーナーになることが多いです。
日本版のseason1では、ボイストレーナーや振付師として既に教える仕事をしている人が多く担当していました。
アイドルや歌手として第一線で活躍している人がトレーナーとして出演するのは韓国ならではかもしれないですね。
実際にステージに立って活躍している人だからこその目線でトレーニングをしてもらえるのは、
厳しかったとしても、とても贅沢ですね。
では、トレーナーにはどんな人がいるのか、韓国版(過去4回)と日本版で少しご紹介します。
また、現在放送中の日本版season2でもっとも注目のトレーナーもご紹介したいと思います。



韓国版も日本版も豪華なトレーナー陣ですね。
現在放送中の日本版season2の中で特に注目したいトレーナーを2名ご紹介したいと思います。
1人目は、<DAPUMPのKENZOさん>です。
言わずと知れた人気グループDAPUMPのダンサーで、様々なダンスの世界大会での優勝経験もあり、
個人でも活躍を続ける一流のパフォーマーです。
多数のアーティストやグループの振り付け・バックダンサーも経験しており、
ガールズグループ「フェアリーズ」の振り付けを担当した際には、厳しい指導をしていたことでも有名です。
世界レベルのスキルと、熱のこもった指導が見れると期待しています。
2人目は<仲宗根梨乃さん>です。
K-POPアイドルの振付師として知らない人はいない程の超一流パフォーマーであり、振付師です。
東方神起やSHINee、少女時代、BOA等のスターアイドルの有名曲の振り付けを数多く担当してきており、
本場、韓国のアイドルを実際に見て、多数指導しているだけあり、最も注目のトレーナーかと思います。

注目ポイント3『新型コロナウイルスの流行を踏まえた審査方法・運営』

今年、日本版はseason2がスタートしていますが、新型コロナウイルスの影響もあり、
番組特有の練習生の合宿や審査、会場への客入れ等はやり方を工夫することが求められる状況です。
そこで、season2では、新しく『オンタクト能力評価』という審査方法が設けられました。
YOUTUBEの番組公式チャンネルにアップされる練習生の個人映像をみて、
公式サイトの投票ページから投票を行うことで、会場に行かずに評価できる新しい試みです。
また、season1では101名で本格的な審査が始まりましたが、
オンタクト審査を設けることで、101名から60名まで人数が絞られ、
スタートの練習生の人数を減らして番組が始まりました。 会場での現場評価も、スタッフ・来場者共に検温、マスクの着用、定期的な手洗い・手指消毒の徹底、
座席は間隔をあけての配置、空気の循環等がガイドラインに沿って行われることになっています。
観客による評価方法等は基本的には変わらないようですが、
状況に合わせて工夫していくことはとても大切ですよね。



最後に


PRODUCE101では、課題披露と国民プロデューサー(一般視聴者)による評価を繰り返し、
最終順位の上位11名(韓国版シーズン3のみ12名)がデビューを勝ち取ります。
毎評価ごと投票が行われ、順位が決定するので、練習生と視聴者の双方が最終順位の発表まで、
緊張やドキドキ感を味わえるのがこの番組が注目され、最も人気を獲得する大きな理由かもしれません。
トレーナーや業界の人が審査をするのではなく、視聴者が評価・投票を行うのはとても面白いですよね。
また、容姿や各スキルはもちろん、性格、物事に向き合う姿勢、育てたい(=応援したい)と思わせる魅力など
直球で視聴者の求める人が選ばれてグループとしてデビューをするので、
デビューする時点で、番組放送時から応援してくれる一定数のファンがついてくるのも特徴かと思います。
韓国版の次回制作は未定ですが色々な点に注目してチェックしてみたいところです。
また、現在、season2が進行中の日本版でどんなメンバーが最終的に選ばれるのか楽しみです。
興味のある方は、PRODUCE101日本版season2を是非チェックしてみてください。 推しメンを見つけて視聴すると、より緊張感やドキドキ感を体験できるかもしれません。

<参考>
PRODUCE101JAPAN season2公式サイト→https://produce101.jp/
PRODUCE101JAPAN season2配信サイト→https://gyao.yahoo.co.jp/specials/produce101
キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。