キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

メディアに出演多数! 坂道グループの特徴とキャスティングについて

2020年9月28日
乃木坂46、欅坂46、日向坂46と坂道グループをテレビや雑誌等多くのメディアで見る機会が増えてきました。

しかしながら、この3チームはそもそもどう違うのか、それぞれの特徴はどうであるのか等、実際にテレビで見ただけでは分からない部分があるかと存じます。

今回のコラムでは、坂道グループのそれぞれの特徴について説明していきたいと思います。

弊社では、過去に記者発表会やイベント等で多く業務を行ってきました。

弊社なりにこの3チームについてまとめていきますので、今後、坂道グループを使ったプロモーション活動をお考えの際は是非参考にしていただければ幸いです。

乃木坂46について


まずは、乃木坂46について説明していきます。

2011年にAKB48グループの公式ライバルとして誕生しました。

乃木坂46の「乃木坂」は、オーディション最終審査会場のSME乃木坂ビルからきています。

また、数字の「46」はAKB48の『AKBより人数が少なくても負けない』から由来しており、以降のグループでも46をつけております。

2012年「ぐるぐるカーテン」でデビュー。
オリコン週間ランキング2位を獲得しました。

その後も着々と人気と知名度を高めていき、2枚目となる「おいでシャンプー」から現在25枚目シングルとなる「しあわせの保護色」まで連続で1位を獲得しています。
※配信限定シングルを除く。

また、紅白歌合戦にも2015年から毎年出場しており、人気アイドルグループとしての地位を確立しております。

特徴


チームカラーは紫。MVなどでも紫を基調とした衣装が用いられることもあります。

また、全体的に清楚で上品なイメージを大事にしているグループと言えます。

楽曲を見ても明るい曲や前向きな楽曲が多いです。

現在では、そのイメージ通りに多くの企業CMにも登場しています。

衣料品や食品、家電、医療関係等、活躍するフィールドは様々です。
また、アベマTVでは46時間テレビを過去に4回ほど行いました。

現在


現在、グループとしては変革期を迎えています。

乃木坂46 1期生のメンバーの多くが卒業しており、18年には初代センターの生駒里奈さん。

昨年には西野七瀬さんが卒業。

そして今年は、白石麻衣さんの卒業が決定しました。

結成当初からグループを支えてきたメンバーが卒業していきましたが、今後グループの顔となる目が離せないメンバーも多数でてきました。

ここで何名かピックアップしてみたいと思います。

齋藤 飛鳥 さん(サイトウ アスカ)(1期生)

結成時から活動するメンバー。

初期はCD表題曲の選抜メンバーに選ばれることが無かったが、徐々に注目を集め16年発売の「裸足でSummer」で初の センターを務めました。

それ以降楽曲だけでなく、ドラマや映画にも出演をする機会が増え、18年には、「あの頃、君を追いかけた」でヒロインを務めました。

今年は「映像研には手を出すな!」で主演を務めています。

遠藤 さくら さん(エンドウ サクラ)(4期生)

18年に4期生として加入。

19年に発売のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で初選抜、初センターを務めました。

以降の楽曲でも選抜入りを果たしています。

また、ファッション雑誌で専属モデルを務めるだけでなく、加入後、乃木坂46グループのCMにも多数出演をしており、今後、グループの顔としての活躍が期待されているメンバーです。

欅坂46について


欅坂46についての説明をしていきます。

乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾グループとして、2015年8月に誕生しました。

オーディション時には欅坂46ではなく、鳥居坂46として募集をかけておりました。

グループ名の運勢などを踏まえて現在の欅坂46となりました。チームカラーは緑です。

2016年4月結成から8ヵ月の速さで1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビューすると、当時の女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。

同年末には第67回紅白歌合戦に初出場を果たしました。

その後もデビューから8作連続でオリコンシングルチャート1位を獲得するなど人気アイドルグループとしての地位を確立しました。

特徴


欅坂46の特徴として言えるのが、社会に訴えかける楽曲が多い事です。

デビューシングル「サイレントマジョリティー」では、メッセージ性の強い歌詞を女性アイドルグループらしからぬ出立ちでクールに表現しており、乃木坂46や他のアイドルグループとのデビューシングルとは一線を画しています。

その後も、顔が見えないくらいの激しいダンスの「不協和音」や独特の世界観を表現しているMVで話題となった「黒い羊」など多くの楽曲でこれまでのアイドルグループの既成概念を壊す楽曲をリリースしてきました。

特に「不協和音」は全て漢字のみのタイトルであり、これは他坂道グループの楽曲にはない唯一のタイトルとなっております。

グループ名の改名


独自の世界観を出していた欅坂46ですが、2020年7月に行われた配信ライブにて改名することが発表されました。

改名する理由に関しては様々な憶測がなされており、ここでは省力しますが、今までの欅坂46としての活動は10月12日(月)、13日(火)を持って終了となります。 また、改名後の名前は櫻坂46として決定しました。チームカラーも緑から白を基調とし、ふちを桜色で表現しています。

新2期生も加入し、新たなグループとしての活動に注目です。

注目メンバー


菅井 友香 さん(スガイ ユウカ)(1期生)

欅坂46ではキャプテンを務めていました。単独での仕事も多く、特技の馬場馬術を活かし、日本馬術連盟「馬術スペシャルアンバサダー」に3年連続で就任しています。

改名後もメンバーを支えるだけでなく、グループの顔としての期待が持たれています。

森田 ひかる さん(モリタ ヒカル)(2期生)

2018年に加入した2期生。音楽番組でこれまで全楽曲でセンターを務めていた平手友梨奈さんに代わりセンターを務めました。

改名に伴い今後のグループを作り上げていく中心メンバーとしての活躍が期待されています。

日向坂46について


日向坂46について説明していきます。

2015年、欅坂46に遅れて参加した長濱ねるさんがきっかけで誕生したけやき坂46は同年メンバーを募集し、2016年11名を加え12人で本格始動しました。

2017年8月に二期生が9人加入。2018年11月坂道合同オーディションにて新メンバーの三期生1人が加入しました。

2018年武道館3DAYSを即完。2019年2月11日にけやき坂46から日向坂46へと改名。チームカラーも空色となりました。

改名後デビューシングル「キュン」を発売。初週47.6万枚を売り上げオリコン週間シングルランキング(4/8付)初登場1位を獲得。

欅坂46が記録していた「女性アーティストの1stシングルによる初週売上枚数」を抜き歴代1位となりました。

その後も現在まで4枚のシングルをリリース。

その全てでオリコン週間シングルランキング1位を獲得しました。

2019年末にはデビュー1年目ながら第70回紅白歌合戦へも出場を果たしました。

特徴について


日向坂46の特徴として、バラエティー力が高い事が挙げられます。

冠番組でもある「日向坂で会いましょう」では持ち前のバラエティー力を活かし、様々な体当たり企画に挑戦しております。

また、ネット番組でも「日向坂46ちょっといいですか?」では、メンバーが記者に扮して、著名人にインタビューをしていくスタイルで多くの著名人に体当たりで質問をしております。

また、他番組のバラエティー番組にも出演をしており、今後、多くのテレビ番組でも目にする機会があるかもしれません。

人気メンバーの卒業もまだ少なく、グループの人気や知名度は上がっている印象があります。

全員選抜制


日向坂46では他グループと違う要素として表題曲に全メンバーが参加する編成をとっている事です。
(欅坂46でも全員選抜制でしたが、選抜制が導入されました。しかし発売延期により実際にはまだこの形でのリリースは行われておりません。)

今後メンバーが増えてくると変更の可能性はございますが、暫くは全員選抜での編成が続くかと思います。

この全員選抜に見られる特徴は、従来の選抜として勝ち取るといった競争の要素をなくし、全員で協力、支え合うといった形になります。

もちろん全てこの形が好ましいとは言えませんし、将来的には選抜制が導入される可能性もございますが、今は全員選抜によってグループが作り出されていると言えます。

注目のメンバー


佐々木 久美 さん(ササキ クミ)(1期生)

けやき坂46時代から活動しているメンバー。

日向坂46ではキャプテンを務めています。

ファッション誌で専属モデルを務めるだけでなく、単独での出演も多く過去には、単独でプロ野球の始球式を務めた。

小坂 菜緒 さん(コサカ ナオ)(2期生)

18年に日向坂46に加入。すぐにファッション誌の専属モデルに就任。

また、デビュー曲から、4枚目シングルまで表題曲でセンターを務めています。

単独でのTV露出も多く、グループの顔として認知度が高いメンバー。

吉本坂46について


冒頭に3つのグループについてと記載しましたが、坂道グループにもう一つ吉本坂46があるのはご存知でしょうか。

乃木坂46、欅坂46に続く第三弾プロジェクトとして始動しました。実は、日向坂46よりも先のデビューとなっております。

イメージカラーは黄色。

メンバーは全員吉本興業に所属しております。

メンバーオーディション時には性別年齢問わず約6,000人から決定することとなり話題となりました。

壮絶なオーディションを得て、1期生として46名が選出。デビュー曲「泣かせてくれよ」ではトレンディエンジェルの斎藤 司さんとスパイク小川 暖奈さんがWセンターを務めました。

これまでに3枚のシングルをリリースしています。

キャプテンに次長課長の河本準一さん、最年長の村上ショージさんを始め個性的メンバーと共に現在では2期生も加入し65名となりました。

終わりに


以上が坂道グループの特徴になります。どのグループにも歴史や特徴があります。

また、楽曲もグループの個性がでておりますので一度聴いてみるのもいいかもしれません。

弊社では、どのグループとも過去に記者発表会を中心に仕事を行っており、様々な案件にも対応が可能でございます。

詳しくは、弊社の業務実績をご参照ください。

今後、坂道グループを起用してプロモーション活動を行いたいなどのご希望がございましたら是非ご相談ください。

キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。