キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

タレントにCM出演してもらうならキャスティング会社へ

2020年12月26日
タレントにCM出演してもらうならキャスティング会社へ 企業の商品や提供するサービスを告知する際に使われる広告。

その形は雑誌やデザイン、映像に音声などさまざまですが、老若男女問わず幅広い層に注目されやすい広告といえば、テレビCMが挙げられます。

CMには絶大な影響力があり、特にメディア露出度が高く好感度の高いタレントが出演すれば、CMのプロモーションにも大きな効果をもたらしてくれるでしょう。

もしも、タレントに推していきたい自社の新商品・新サービスをCMで紹介してもらいたいならば、まずはキャスティング会社に相談することをおすすめします。

広告を出すならCMが効果的



「最近あまりテレビを観ない」「今は動画配信サービスを多く使ってる」という方もいらっしゃるかもしれませんが、それでもテレビの存在感は未だ健在です。

朝昼夜の時間を問わず不特定多数の人々が注目しやすい媒体であるため、ワイドショーやドラマにバラエティーといった、バリエーション豊かな番組が放送され、さまざまなコンテンツを気軽に楽しむならテレビが一番でしょう。

そんな数々の番組が放送される合間で挟まれるのがCMです。

CMは企業がPRしたい新商品・新サービスを映像に乗せて紹介してくれる広告であり、キャッチーで面白みのある広告や、思わず心が震えるような広告など、企業ごとでテイストが異なるCMにあふれているのも特徴的。

もちろん、テレビだけでなくYouTubeやWebサイトでもCMが流されるため、「自社の広告を出したい!」と考えるならばCMを活用するのが最も効果的だといえるでしょう。

CMのインパクトも侮れない力があり、視聴者に訴えかけるための内容の分かりやすさは大前提として、効果音や脳裏に焼き付くような映像表現など、観る人の記憶に残るような仕上がりなら短いCMでも人々に覚えてもらいやすいのです。

また、CMはテレビなどの広告で何度も放送されるため観かける機会も多く、習慣的に幅広い世代へ情報を発信できる魅力も秘めています。

「CM」は2種類のタイプに分けられる



テレビで放送されるCMも、「タイムCM」と「スポットCM」の広告に大きく分類されます。

「広告を出したいしCMを作ろうか」と考えていても、CMによって仕組みや時間が変わってくるのです。

番組と番組に挟まれる形で流されるCM、番組の途中で流されるCMと、放送広告にも違いがあります。

①タイムCM



個別の番組を提供することで、広告主が番組放送時間にCMを放送できるタイプです。

約1時間のテレビ番組で何度か同じ企業の広告を見かけることもありますが、これがタイムCMになります。

番組の始まりと終わりで、広告主である企業の名前とともに「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします・しました」とアナウンスされるので分かりやすいでしょう。

ただ、このアナウンスは「30秒」「60秒」「90秒以上」にも分かれます。

タイムCMは最も短い時間で30秒であり、広告を流せる期間は6ヶ月が基本とされているので、比較的長い時間CMを打ち出せるわけです。

しかし、タイムCMは全国の放送エリアによっても左右される性質を持ち、「ネットタイム(全国)」「ローカルタイム(各局ローカル)」で放送される番組も変わるので、エリアごとで観かけるCMの頻度も変わるでしょう。

②スポットCM



“スポット(特定の場所・地点)”でイメージできますが、こちらはタイムCMと違ってテレビ局が定めた時間で流される広告になります。

広告主が希望する季節・期間・時間帯で広告を流すことができるので、短い時間で不特定多数の視聴者層に情報発信ができる特徴を持っています。

CMを流せる最も短い時間も15秒程度なのですが、スポットCMの場合さらに「SB(ステブレ)」「PT(ピーティー)」の2つに分けることができるのです。

・SB(ステブレ):番組と番組の間に流せる広告
・PT(ピーティー):番組時間内の広告枠で流せる

番組を視聴する幅広い層に向けて、自社商品をブランディングしやすいのがタイムCM。

一方で、スポットCMは短い時間ながらもタイムCMとは別に番組内の広告枠で流せる、番組が終わってもCMを流すことが可能です。

とはいえ、スポンサー提供の広告枠ではないのでタイムCMと異なり特定の番組を指定することはできません。

ですが、複数のテレビ局で広告を出して訴求できる、タイムCMよりも安価なのも魅力といえます。

キャスティング会社とはなにか



「キャスティング」とはテレビCMをはじめ、イベントや雑誌の広告などに芸能人・タレントやモデル、クリエイターといった“イメージキャラクター”となる人物を配役する業務になります。

Web媒体や紙媒体などで、さまざまな広告が掲載されていますが、まったく違う分野の人間が企業の商品をPRしてくれている光景もよく見かけることでしょう。 それは、企業が推す商品・サービスに親和性がある人物を、芸能事務所やキャスティング会社が選定しているからです。 ここで出るキャスティング会社とは、広告主である企業の代わりに広告に適した人材をキャスティングし、交渉から日程の管理など幅広い業務を遂行してくれる企業になります。

まだ広告を出していない場合、商品やサービスのイメージに合う人材をどう選定するべきか悩みやすいものですが、キャスティング会社は綿密な打ち合わせで適したタレントや文化人を起用しマネージメントしてくれるので、非常に頼りになる存在です。

フリーランスで動く場合は個人に直接、広告への出演交渉をしますが、多くのタレントやモデルは事務所に所属しているため、CMに出てもらうにはまず事務所に話を通さなければなりません。

キャスティング会社は、人物のキャスティングから企画の調整、撮影現場の立ち合いなど多岐にわたる業務に携わってくれるので、CMを作るときはキャスティング会社を利用するのが効率的だといえるでしょう。

そして、キャスティング会社は多くの事務所とのコネクションを有しており、過去の実績からキャスティングにおける“選球眼”も確かです。

「有名な人に宣伝してほしい」と、広告へのイメージが漠然とした状態でも、キャスティング会社を利用すれば広告のゴールが明確になって、満足のいくCMを生み出せます。

キャスティング会社が提供するサービス内容 キャスティング会社という業種が聞きなれない人も少なくありませんが、こちらは不動産業に置き換えるとピンと来るはずです。

「そろそろ引っ越ししたい」と思っていても、アパートやマンションの大家さんに直接話を伺い、条件を見て交渉する人はそうそういないでしょう。

たいていの場合、不動産仲介業者を通して自分の好みや条件に合致した物件を探し、そこから気になる物件を取捨選択していきます。

ここでいう不動産仲介業者がキャスティング会社になります。

膨大なデータを持つキャスティング会社が訪れたお客さん(広告主)の状況や希望を聞き出し、事務所やタレントへ依頼の交渉・契約を進めてスケジュール調整を行って現場を管理してくれる。

つまり、相手の目的や予算に応じておすすめの物件を提案し、大家さんとの契約の段取りを進めて住み心地の良い物件を提供する。

一部業務をかいつまんで解説しましたが、この不動産仲介業者が行う一連の流れをキャスティング会社に置き換えてもあまり違和感はないはずです。

国内には多くのキャスティング会社が存在しますが、どんなキャスティング会社であっても以下のサービスを提供してくれます。

・クライアント(広告主)とタレントをつなげる(リサーチ・出演交渉)
・広告像のヒアリング
・CM制作に関わる条件の整理(予算・媒体・日程)
・宣材写真や肖像権についての整理

キャスティング会社を使うメリットとは タレントやモデルが多数所属する芸能事務所に直接交渉をする手段もありますが、キャスティング会社を使えば合理的にCM制作へつなげることができます。

そもそも、芸能事務所という環境があるにもかかわらず「なんでキャスティング会社を使う必要があるの?」と思われる人もいることでしょう。

実は、広告宣伝の内容や広告主の条件によっては、芸能事務所よりもキャスティング会社のほうを使うほうが効果抜群のCMを生み出しやすいのです。

ここからは、キャスティング会社を使うことで得られるメリットをお伝えしていきます。

①メリット:広告のイメージにあるキャスティングが実現しやすい



芸能事務所に直接交渉するよりも、キャスティング会社を経由して人材の策定を進めたほうが適材適所な配役が実現しやすいメリットがまず挙がります。

まず、芸能事務所は所属するタレントやモデルを有名にするために“育成”して芸能界で高みに引き上げるための場所でもあり、芸能事務所へ交渉をしても所属するタレントから選ぶことになるでしょう。

そうなれば、たとえ話が上手くルックスが魅力的なタレントでも、広告主の打ち出すCMの内容に合っていなければミスマッチへつながってしまいます。

ですが、キャスティング会社ならば豊富なコネクションから広告宣伝のイメージに合致した人材を複数人見繕い、そこからオーディションして策定してくれるのです。

②CM制作に関する多大なコストを分散できる



タレントやモデルの策定も大変ですが、CMの企画や撮影も膨大な時間と労力を要します。

時間の調整はもちろん、プロモーションを行う際は場所から機材までの確保、カメラマンにヘアメイクの手配など、非常に手間がかかるものです。

これらの準備を広告主である企業がすべて行うとなると、時間を大幅に使ってしまいますしCMのクオリティーにも影響を及ぼしかねません。

キャスティング会社を利用すれば、キャスティングの業務を一手に引き受けてくれるうえに、撮影現場に立ち会ったり必要な人材を派遣してくれます。

③予算に合わせたキャスティングをしやすい



大手の芸能事務所に所属する人気のタレントに交渉する場合、CM出演だけでも値段が高くなります。

しかし、実績豊富で幅広い年代のタレントのデータを持つキャスティング会社に依頼すれば、予算の範囲で無理のないキャスティングが実現しやすくなるでしょう。

キャスティング会社は芸能事務所との関係が深い間柄であり、交渉に慣れているキャスティング会社を経由することで安価な値段で済むことも少なくありません。

まとめ



今回は、企業のCMでタレントに出演してもらう際に利用すべき、キャスティング会社について解説していきました。

キャスティング会社とひとくちで言っても、キャスティング会社としての実績やつながりのある芸能事務所など特徴は各社で違います。

なので、キャスティング会社を利用する場合は複数のキャスティング会社の成果を見比べながら判断することがおすすめです。
キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。