キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

横浜港・長崎港開港記念日

2021年6月2日
今日は、日本を代表的な海の玄関口でもある、『横浜港』と『長崎港』の開港記念日です。
1859年(安政6年)6月2日(新暦では7月1日)、前年に締結された日米修好通商条約により
横浜港・長崎港が開港しました。
どちらも素敵な場所で、観光拠点でもあるので、一度は行って見たい場所ですね。

■横浜港

東アジアの大規模港に対抗するため新たに設けられた国際戦略港湾・京浜港(ハブ港)の一翼を担い、
国土交通省より「国際コンテナ戦略港湾」の指定も受けています。
「安政の開国」による開港五港(函館・横浜・新潟・神戸・長崎)の一つです。
明治時代、文明開化に伴う貿易で潤い、金のなる港という意味で「金港」と呼ばれました。
他に関税法施行令上の開港で国際貿易港(五大港)、日本三大貿易港などに含まれ、
入港船舶数全国1位(43,400隻、2005年(平成17年))、海上出入貨物量全国2位(1億3328万トン、同)、
外国貿易額全国3位(104億円、同)の日本を代表する大きな港です。

■長崎港

港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている港です。
港を上空から見ると、鶴が羽を広げたような形に見えることから「鶴の港」とも呼ばれるそうです。
江戸時代の「鎖国」体制だった頃、幕府が西洋・中国向けに唯一公認した国際貿易港として栄え、
明治以降は上海への航路の発地として貿易や旅客の行き来が盛んになったそうです。
現在では、港町・長崎の玄関口として、また離島の多い長崎県の交通の要でもある為、
港中心部の再開発も行われているほか、
2018年(平成30年)7月28日に、みなとオアシスに登録していて、「松が枝国際ターミナルビル」を
代表施設とする「みなとオアシスNAGASAKI」として観光拠点にもなっているそうです。
また出島ハーバーは、「ながさき・でじま海の駅」として海の駅にも登録されています。



キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。