キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

長崎原爆の日/長崎平和祈念

2021年8月9日
今日、8月9日、76回目の「長崎原爆の日」を迎え、長崎市の平和公園では式典が営まれました。
被爆者や遺族ら500人が平和への祈りをささげ、広島に続き菅総理が出席しました。
長崎の原爆も広島の原爆同様、今なお、被爆の後遺症に苦しんでいる人がいる、
絶対に忘れてはいけない悲しい歴史の一つです。
広島と同じく、このような悲劇が二度と繰り返されることのないよう願っています。
そして、今の若い世代の人達には、広島の原爆同様、次の世代へ伝えていってほしいなと願っています。

長崎市への原爆投下

今から76年前の1945年、広島の原爆投下から3日後の8月9日午前11時02分に、
アメリカ軍によって、長崎県長崎市に原子爆弾「ファットマン」が投下されました。
原爆の投下により、当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が死亡し、 建物は約36%が全焼または全半壊したそうです。
8月6日の広島の原爆から3日後、第2のターゲットとして長崎が選ばれ、
再び多くの罪なき命が奪われる惨劇が起きました。
長崎というと、キリスト教の日本伝来よりカトリック信者の多い土地であり、
そのために江戸時代には異教禁制による隠れキリシタンの摘発も数回なされた土地としても有名です。 そんな、カトリック教の日本最大規模のカトリック教会である、
「カトリック浦上教会(旧称:浦上天主堂)」でも原爆の投下によって、
多くの罪なき命が失われ、教会自体も破壊されました。
現在は、1959年に再建され、1962年以降、カトリック長崎大司教区の司教座聖堂となっています。
また、浦上教会では、原爆の遺物の展示も随時行われています。





キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。