キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

一汁三菜の日

2021年9月13日
今日は、『一汁三菜の日』です。
和食の素材メーカー(フジッコ株式会社・ニコニコのり株式会社・キング醸造株式会社・株式会社はくばく・
株式会社ますやみそ・マルトモ株式会社)で構成する「一汁三菜 ぷらす・みらいご飯®」の6社が
制定したそうです。
いろいろな料理を組み合わせて、さまざまな栄養素がバランスよくとれる「一汁三菜」という和食のスタイルを
こどもたちにつなげていくのが目的だそうです。
日付は13が「一汁三菜」の読み方に似ていることから毎月13日にしたそうです。

『一汁三菜』は、元々は本膳料理の献立の1つで、ご飯と漬物・汁物に加えて、
膾が1品、平皿(ひらざら)と呼ぶ煮物が1品、
そして焼き魚等の焼物が1品で、一汁三菜といいます。
本膳料理では他に、二汁五菜、三汁七菜、さらには三汁十五菜まであったそうです。

現在、日本の一般家庭における日常の食事では、ご飯と汁物に、お肉や魚介類等の動物性の惣菜を主菜として1品、
野菜や海藻、豆腐など植物性の惣菜を副菜として、2品の一汁三菜が一例としてあげられています。

一汁三菜の献立は、米を中心とした主食に汁物、主菜、副菜、副々菜から構成されているので、
様々な食材を取り込むことができる一方で、乳製品や果物の取り方には工夫が必要です。
一汁三菜の食事パターンは健康増進に寄与すると考えられていますが、
脂質や食塩の過剰摂取にならないように考えなくてはいけないですね。

ご飯に、お野菜やお肉・魚をバランスよく摂るのはとても大変かもしれませんが、
健康のために、バランスの良い食事を心がけたいですね。
一汁三菜のイメージが分からない方も多いかと思いますので、
画像を載せるので参考にしてみてください。



キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。