キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

119番の日

2021年11月9日
今日は、「119番の日」です。
1987年(昭和62年)に当時の自治省(現:総務省)消防庁が消防発足40年を記念して設けた日です。
一般の人に、もっと防火・防災の意識を高めてもらうことを目的に制定されました。
消防のダイヤルナンバー『119』にちなんで11月9日になったそうです。
この日には、防火意識の喚起とともに、適正かつ迅速・的確な「119番」通報を呼びかける啓発活動が行われます。
また、この日から一週間は「秋の全国火災予防運動」の期間となっています。

なぜ、119番なのか


火災報知の電話サービスが、1926年(大正15年)に導入された当時は番号は「112番」だったそうです。
当時は、ダイヤル式の黒電話であり、一刻を争う緊急のためにダイヤルを回す時間の短い番号として
112番が指定されたそうですが、意外とかけ間違いも多かったそうです。
そこで、翌年の1927年(昭和2年)にかけ間違い防止と
最後にダイヤルを回す時間が長い「9」を回すことで落ち着いて話ができるためという理由で
現在の「119番」になったと言われています。
また、「119番」は誰でも覚えやすい番号であるという点も考慮されています。
警察への緊急通報の「110番」も同様の理由とされているそうです。

火災や事故・急病等の際にまず電話をかけるの119番。
その119番について、改めて調べてみたり、知っていくのも大切かもしれませんね。
キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。