キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード

キャスティング&ブッキング会社 サン・ブロード | SANBROAD Casting Div. Official Website

119番の日

2022年11月9日
今日は、『119番の日』です。
国民の消防全般に対する正しい理解と認識を深め、住民の防災意識の高揚を図ることを目的として
1987年に自治体消防発足40周年を機に消防庁によって制定されました。
日付は消防機関に提供される緊急通報用電話番号「119番」にちなんでるそうです。
この日には、防火意識の喚起とともに、適正かつ迅速・的確な「119番」通報を呼びかける
啓発活動が行われるそうです。
また、この日から一週間は「秋の全国火災予防運動」の期間となっているそうです。

ところで、皆さんは、なぜ119番なのかご存知でしょうか。
火災報知の電話サービスが、1926年(大正15年)に導入された時の番号は「112番」だったそうです。
当時の電話機はダイヤル式の黒電話だったので、
一刻を争う緊急のためにダイヤルを回す時間の短い番号として指定されたんだそうです。
ただ、意外とかけ間違いも多かったんだそうです(笑)
そこで、翌年の1927年(昭和2年)にかけ間違い防止と最後にダイヤルを回す時間が長い「9」を回すことで
落ち着いて話ができるためという理由で現在の「119番」になったと言われています。
また、「119番」は誰でも覚えやすい番号でもあり、
これは、警察への緊急通報の「110番」も同様の理由なんだそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、出動件数も激増していることが予想されます。
救急車の台数は限られているので、呼ばなくても良い軽症で呼んでしまうと、
本当に必要な方のところへ出動できなくなってしまいます。
救急車を呼ぶ前に一度立ち止まって、迷ったら#7119の救急安心センター事業に相談しましょう。

いつも、市民の為に駆けつけてくださる消防・救急の方には本当に頭が下がりますね。
何かあった時、消防と警察をかけ間違えないように、落ち着いて行動できるよう心掛けましょう

キャスティング&ブッキングに関するあらゆるご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。